検索エンジンのアルゴリズムを勝手に大予想した計算式

SEOの先進国アメリカはワシントン州にあるSEO企業ブログに、創業者がとても興味深い記事を書いているのを見つけました。

Googleのアルゴリズムを意識した計算式で、SEOの優先順位に迷う人は参考になるのではないかと思ったので、紹介したいと思います。

もちろんGoogleの公式見解ではないので、読み物として割り切って頂きたいと思います。


“検索エンジンのアルゴリズムを勝手に大予想した計算式” の詳細は »

被リンクを獲得する際はアンカーテキストを準備しておく

ウェブサイトはリンクの獲得数でその存在価値が上がるわけですが、SEOという限られた世界の話だけに留まらず、被リンクは人気投票の得票数であり、支持者数とも言えるでしょう。

コンテンツを評価してくれた証としての被リンクであったり、個人的なつながりを表した被リンクでも、リンクを獲得していることに変わりはありません。


“被リンクを獲得する際はアンカーテキストを準備しておく” の詳細は »

インデクス数がウェブサイトのページ数より少ないとき

所有サイトのインデクス状況を見るために、site:クエリを用いて検索することがあると思います。
ところが、ウェブサイト全体のページ数と比べても明らかにインデクス数が少なく、しかも

最も的確な結果を表示するために、上の○件と似たページは除外されています。
検索結果をすべて表示するには、ここから再検索してください。

というメッセージはありませんか?


“インデクス数がウェブサイトのページ数より少ないとき” の詳細は »

中古ドメイン購入者で活用できなかった人は片付けが下手では?

中古ドメインを、マーケッターの叫びに乗せられて、使い道も決めずに単純に、買っておけば何かの役に立つだろうと考えて購入した方、今は、本当に役に立ってますか?

SEOエキスパートは使いこなしていると思いますが、SEO歴の浅い、ミーハー的SEO信者は、ムダな投資となっているような気がします。


“中古ドメイン購入者で活用できなかった人は片付けが下手では?” の詳細は »

 

登記前に.co.jpドメインを登録してエイジングフィルタリスクをヘッジする方法

起業と同時に、.co.jpドメインを取得するという工程を取る事が、スタンダードのように語られていますが、実は、.co.jpドメインは、起業前でも取得は可能です。

ドメイン名について、いろいろと知っておくことは損な事ではありませんし、あまり、ドメインについては詳しく知る必要は無いけれども、インターネットに親しんでいる人々に、ちょっとしたティップスとして使えます。


“登記前に.co.jpドメインを登録してエイジングフィルタリスクをヘッジする方法” の詳細は »

SEOは目標達成のための戦術のひとつに過ぎないことを自覚しよう

SEOというキーワードは、一般的にはニッチな部類に入るのでしょうね。

我々のようなSEOを生業とするSEO事業者からすると、そこの世界を舞台にお互いが切磋琢磨しているわけですが、実は、他の産業からすると小さな舞台なのかもしれません。

“SEOは目標達成のための戦術のひとつに過ぎないことを自覚しよう” の詳細は »

 

リスティング広告のクリック経験がある人は意外と多いという事実

検索連動型広告をクリックした経験のある人は、どれほどの割合で存在するのでしょうか。

あるアンケートによると、ネットユーザーでは、検索連動型広告の存在を認識している人は多く、その7割程度がクリックを経験しているそうです。
と、ということは、日本に限っては検索連動型広告は浸透してきているとも言えるかもしれませんね。

“リスティング広告のクリック経験がある人は意外と多いという事実” の詳細は »

YahooとGoogleの日本の検索事業責任者と意見交換出来る場が欲しい

素朴な疑問ですが、YahooやGoogleなど、日本で主流の検索エンジンは、半定期的にメンテナンスがなされていますよね。

その結果として、アルゴリズムやインデクス、バックリンクの更新としてアナウンスされるわけですが、誰がどういう基準で実行しているのか、興味が沸きませんか?

“YahooとGoogleの日本の検索事業責任者と意見交換出来る場が欲しい” の詳細は »

 

ウェブ制作現場では制作スキルで食っていける環境が無くなりつつある

これからウェブサイトはどういう方向に向かっていくのでしょう?
いきなり重いテーマから入りましたけど、ウェブ制作会社は特にこれから大変な時期になってくるだろうなと感じています。

クライアントからのウェブに要求される水準は高くなる一方で、受注価格の伸びは鈍化しているのが現状でしょう。
これはキツイですよね。
制作すればするほど赤字という本末転倒な事態も起きているのかもしれません。


“ウェブ制作現場では制作スキルで食っていける環境が無くなりつつある” の詳細は »

1ページ1テーマで最適化されるべきキーワードを知ること

1ページでキーワードやキーフレーズを何個ターゲット化すれば良いのか、これに悩む必要はありません。
個数で悩むことはナンセンスです。

検索ユーザーの意図を汲み取る、ということがSEOの本質ですから、検索ユーザーが考える、あらゆるケースに対応する準備はしておかなくてはならないのではないでしょうか。


“1ページ1テーマで最適化されるべきキーワードを知ること” の詳細は »