ウェブ制作現場では制作スキルで食っていける環境が無くなりつつある

これからウェブサイトはどういう方向に向かっていくのでしょう?
いきなり重いテーマから入りましたけど、ウェブ制作会社は特にこれから大変な時期になってくるだろうなと感じています。

クライアントからのウェブに要求される水準は高くなる一方で、受注価格の伸びは鈍化しているのが現状でしょう。
これはキツイですよね。
制作すればするほど赤字という本末転倒な事態も起きているのかもしれません。

ウェブ制作の現場も、いかに効率的にお客さんの要求に応えるか、ということが焦点となり、「売れるホームページ作り」などを標榜する余裕が無いのではないでしょうか。
ウェブ制作に必要な作業スキルを有していても、それだけでは食ってはいけない時代なのかもしれません。

ウェブ制作のスキルが武器として機能しなくなっていく現状で、新しい武器を持たなければなりません。
それも、ありきたりな武器ではなく、特殊な武器、つまり「オンリーワン」な武器を持つしか無いのでしょう。
ウェブ制作が基本ではあるが、それがメインとはならないのですからね。

これまでは、ウェブのデザインが出来る、というだけでは何の魅力も感じないクライアントが出てくるはずです。
現に出てきているでしょう。
ウェブ制作の次のステップはSEO対策なのですからね。

そういったビジネス環境の中で、何を与えることが出来るのかを考えたいですよね。

SEOをビジネスの新たな柱にする
ウェブ制作業者向けのSEOビジネスの展開方法をコンサルティングするサービスがあります
www.algorism.co.jp/

«
»