WEB論

ウェブサイトのアクセス数はマーケティング力の一端を示す

ウェブサイトの関心として、アクセス数とアクセスの質についての議論があります。
どちらを重要視すべきか、ということで様々な意見がネット上でも情報公開されていますが、これについて考えてみます。

どのWEB担当者でも、アクセスが多くて質が良いことが、理想的ではあるでしょうが、そもそも「質の良いアクセス」ということに対して、明確な定義付けなしに議論されているケースが見受けられます。


“ウェブサイトのアクセス数はマーケティング力の一端を示す” の詳細は »

ソーシャルブックマークの検索結果による重複コンテンツ

ソーシャルブックマークを活用してのウェブマーケティングは、まだ検証段階と感じているウェブマーケッターも多いのではないでしょうか。

米国ではソーシャルメディアを利用して、リンクベイティングや投票システムをマーケティングに活かすことは常態化しているようですね。

ソーシャルメディアそのもの活用の歴史の違いもあるでしょう。


“ソーシャルブックマークの検索結果による重複コンテンツ” の詳細は »

ウェブ制作現場では制作スキルで食っていける環境が無くなりつつある

これからウェブサイトはどういう方向に向かっていくのでしょう?
いきなり重いテーマから入りましたけど、ウェブ制作会社は特にこれから大変な時期になってくるだろうなと感じています。

クライアントからのウェブに要求される水準は高くなる一方で、受注価格の伸びは鈍化しているのが現状でしょう。
これはキツイですよね。
制作すればするほど赤字という本末転倒な事態も起きているのかもしれません。


“ウェブ制作現場では制作スキルで食っていける環境が無くなりつつある” の詳細は »

類似ページは検索エンジンからの集客を困難にする

Googleの検索窓で「site:サイトURL」と検索してみてください。

最も的確な結果を表示するために、上の××件と似たページは除外されています。
検索結果をすべて表示するには、ここから再検索してください。

こんなメッセージが出たら、要注意です。
ウェブサイト制作の時に手抜きをしませんでしたか?


“類似ページは検索エンジンからの集客を困難にする” の詳細は »

 

ソーシャルメディア最適化は本当に効果があるのか

最適化と名のつく様々な手法が、ウェブサイトをよりよい方向へと導いてくれるわけですが、とりわけわかりにくいのが、ソーシャルメディア最適化と呼ばれるものです。

元々、ソーシャルメディアって何?と問われるとなかなか答え難いものがあり、説明したとしても、ピンとくることは無いのではないかと思えるほどです。


“ソーシャルメディア最適化は本当に効果があるのか” の詳細は »

Googleパーソナライズド検索の利用価値とは

Googleパーソナライズド検索の利用価値とは何でしょうか。

そもそもGoogleパーソナライズド検索を知らない人のために、概要を説明しておきますと、まず利用するにはGoogleのアカウントを取得しなければなりません。
無料でアカウントを取得できますので、まずは手続きを完了してGoogleアカウントを利用可能にします。

それからGoogleのバーソナライズド検索にアクセスします。


“Googleパーソナライズド検索の利用価値とは” の詳細は »

 

訪問者がスクロールしてでも読みたいコンテンツとは

ウェブサイトは縦長ですが、パソコン画面は横長というアンバランスさは、実は少々クセものです。

ウェブサイトのレイアウトが時代とともに、横幅を大きく取り始めたことがあるのでしょうが、バソコン画面やディスプレイの大型化が言われても、ウェブサイトはスクロールしなくてはならないものであることに変わりはありません。

このスクロールについて考えみます。


“訪問者がスクロールしてでも読みたいコンテンツとは” の詳細は »

Q&Aページを利用したニーズの確認とコンテンツ提供の関係

Q&Aページは何もアクセスをしてきた訪問者だけのためにあるのではありません。

Q&Aページの公開目的が、ユーザビリティの一貫だけだとしたら、非常に勿体無いことですので、訪問者への不安や疑問の解消だけではなく、訪問者が関心を示していることは何かを調査する目的も兼ねましょう。

Q&Aサイトの充実をまずは目指します。


“Q&Aページを利用したニーズの確認とコンテンツ提供の関係” の詳細は »

 

ユーザビリティは面倒と思わせないようにする技術

ユーザビリティという使い勝手を良くしようという概念は、ウェブサイトには必要不可欠です。

キーボードとマウスという入力媒体が主なウェブサイトの世界では、操作自体に手腕系統に負担がかかります。
更には首肩をはじめ目や脳にまで、疲労を蓄積する、肉体疲労の激しい情報送受信媒体です。

身体的負担を軽くすることも念頭に置いてユーザビリティが設計されることは大切なことです。


“ユーザビリティは面倒と思わせないようにする技術” の詳細は »