seo塾

正しくSEO技術を習得する方法は座学以上の実践記録

正しいSEOの学び方、もしくは正しくSEO技術を習得する方法はあると思いますか?

SEOは座学だけでは習得は難しいです。
実践して結果を体感してこそ習得できるものだと思います。

ただし、一度にいろいろと詰め込むと、何がどう効果的に働いたのか、またはどういう影響を及ぼしたのかがわからなくなることがあります。


“正しくSEO技術を習得する方法は座学以上の実践記録” の詳細は »

初心者対象ではないが初心者の気持ちは十分わかるのです

初心者を中心としたビジネスモデルではありません。
これは既にお気づきだろうと思いますが、価格帯にしろサービスメニューにしろ完全にSEOをある程度知っている、または実践中であるという方に向けてのビジネスです。

ですから、いきなりSEO塾の門を叩くことは、非常にありがたいのですが、まずは、GoogleとYahooのヘルプなどをくまなく読むことからスタートして欲しいと思いますね。


“初心者対象ではないが初心者の気持ちは十分わかるのです” の詳細は »

SEO内部要因最適化を業務マニュアルにまとめるメリット

SEOの内部要因の最適化作業をマニュアルにまとめておくと、品質の安定が図れます。
例えば、キーワードの配置において、タイトル、meta情報、h1タグ、内部リンクのアンカーテキストについて作業標準書を図解で作成します。

本文と画像のalt属性についても記述することで、誰が担当しても内部要因の最適化は、ある程度の品質を保つことが可能です。
タイトルの先頭にキーワードを、という簡単な注記を盛り込むとノウハウの文書化ということで、価値ある文書になります。


“SEO内部要因最適化を業務マニュアルにまとめるメリット” の詳細は »

SEOの検証結果は鵜呑みするほどの精度は無いと思え

ネット上の評論家は実践者でないことが多いものです。
プレイヤーとしての後に評論家となるのであれば、プレイヤー時代の実績などからも説得力も増すわけですが、一番の説得力ははプレイヤー兼評論家ですね。

どちらかと言うと、プレイヤーの割合が多いほうがいいのです。
ドッグイヤーと言われるインターネットの世界では、3ヵ月も経つと最新だったノウハウが劣化していることも少なくありません。


“SEOの検証結果は鵜呑みするほどの精度は無いと思え” の詳細は »

 

被リンクを獲得する際はアンカーテキストを準備しておく

ウェブサイトはリンクの獲得数でその存在価値が上がるわけですが、SEOという限られた世界の話だけに留まらず、被リンクは人気投票の得票数であり、支持者数とも言えるでしょう。

コンテンツを評価してくれた証としての被リンクであったり、個人的なつながりを表した被リンクでも、リンクを獲得していることに変わりはありません。


“被リンクを獲得する際はアンカーテキストを準備しておく” の詳細は »

インデクス数がウェブサイトのページ数より少ないとき

所有サイトのインデクス状況を見るために、site:クエリを用いて検索することがあると思います。
ところが、ウェブサイト全体のページ数と比べても明らかにインデクス数が少なく、しかも

最も的確な結果を表示するために、上の○件と似たページは除外されています。
検索結果をすべて表示するには、ここから再検索してください。

というメッセージはありませんか?


“インデクス数がウェブサイトのページ数より少ないとき” の詳細は »

 

1ページ1テーマで最適化されるべきキーワードを知ること

1ページでキーワードやキーフレーズを何個ターゲット化すれば良いのか、これに悩む必要はありません。
個数で悩むことはナンセンスです。

検索ユーザーの意図を汲み取る、ということがSEOの本質ですから、検索ユーザーが考える、あらゆるケースに対応する準備はしておかなくてはならないのではないでしょうか。


“1ページ1テーマで最適化されるべきキーワードを知ること” の詳細は »

情報の根拠を示すためにSEO屋はSEOマニアでありたい

根拠の書かれていないSEO情報は、信用に値するか、ということについて。
答えは「わからない」としか言いようがありません。

根拠はあるけれど、セミナー参加者だけにしか公開しないのかもしれませんしね。
署名やプロフィールが偽名というのは、ちょっと怪しく思われても仕方が無いような気もしますが、ブランディングの一環の可能性もありますし、難しいですね。


“情報の根拠を示すためにSEO屋はSEOマニアでありたい” の詳細は »

 

SEOビギナーが最低限追跡して欲しいSEOデータとは

SEOを実施してから、どんなデータを追跡すれば良いのか、結構、悩んでいるWEB担当者は多いようですね。
SEOビギナーの方にとっても、いろいろな情報が錯綜して混乱しているのではないでしょうか。

SEO追跡データは、実践者それぞれの目的や目標が違うので、意見が異なったりして当然なわけですが、中でも共通認識として追跡したいデータというのはあるものです。


“SEOビギナーが最低限追跡して欲しいSEOデータとは” の詳細は »

SEO対策を必要としないページは思い切って施策を省く

ウェブサイトを運営するに当たって、SEO対策は、非常に有効な集客手段です。
SEO対策での上位表示は、訪問者の増加に必要なプロセスであり、それが目的ではありません。

目的であるならば、ウェブサイト内の全てのページに対して、関連キーワードなどで上位表示が必須となりますが、プロセスならば、必ずしも実現の必要性は無くなります。


“SEO対策を必要としないページは思い切って施策を省く” の詳細は »