1ページ1テーマで最適化されるべきキーワードを知ること

1ページでキーワードやキーフレーズを何個ターゲット化すれば良いのか、これに悩む必要はありません。
個数で悩むことはナンセンスです。

検索ユーザーの意図を汲み取る、ということがSEOの本質ですから、検索ユーザーが考える、あらゆるケースに対応する準備はしておかなくてはならないのではないでしょうか。

あらゆる検索者のニーズに答えることは、途方もない数のキーワードやキーフレーズを準備しなければなりません。
もし、全ての検索ユーザーに対応する、という腹積もりならば、それは賢いマーケティングとは言えないでしょう。
ニーズの高いものにフォーカスすることが大切です。

1ページの中で、メインキーワードが1つ、サブキーワードが2つ、関連キーワードは10個あれば安心ですか?
このような質問自体がナンセンスであることに気付くはずです。

数の問題ではありません。

1ページ1テーマを基本とするのならば、キーワードやキーフレーズは、検索ニーズの高いものを選んで記述するべきです。
また、検索者の意図を汲んでいるのであれば、例え、月間検索数が2であったとしても、確実にオーガニック検索で2アクセスが稼げるのなら、そのキーワードで最適化すべきです。

キーワードの数ではなく、最適化すべきキーワードを知ることが重要です。
複数のキーワードで最適化すると、共食いが懸念されます。

ドメインとIP分散の被リンク
被リンク効果はじわじわ高まることでリスクを低減しています
www.algorism.co.jp/link/

«
»