SEO対策を必要としないページは思い切って施策を省く

ウェブサイトを運営するに当たって、SEO対策は、非常に有効な集客手段です。
SEO対策での上位表示は、訪問者の増加に必要なプロセスであり、それが目的ではありません。

目的であるならば、ウェブサイト内の全てのページに対して、関連キーワードなどで上位表示が必須となりますが、プロセスならば、必ずしも実現の必要性は無くなります。

SEO対策を省くといったいどうなるのでしょうか。
バカな話だと思われるかもしれませんが、上位表示が必須ではないコンテンツまたはページがあると考えるのは、決して集客にマイナスを与えるものとは思いません。

ウェブサイトの設計は、ウェブサイトの目的達成を基準になされるものです。
この目的は、コンバージョンです。
つまりウェブサイトは、閲覧されるだけではなくて、訪問者に起こして欲しい行動を取らせるツールですから、コンバージョンが目的でないウェブサイトは、ブランディングや企業PR以外には考えられません。

トップページはウェブサイトの総合案内ページですから、SEO対策は必要です。
コンテンツページもページ内容に関連するキーワードでの上位表示は必要でしょう。
しかし、過去のニュースリリースやウェブサイトの更新情報は、SEO対策の必要はあるでしょうか?

これらのページを経由してのコンバージョンへの導線は非常に考えづらいですし、ほとんど成約が無いと考えると、SEO対策の必要性は無くなります。

»