登記前に.co.jpドメインを登録してエイジングフィルタリスクをヘッジする方法

起業と同時に、.co.jpドメインを取得するという工程を取る事が、スタンダードのように語られていますが、実は、.co.jpドメインは、起業前でも取得は可能です。

ドメイン名について、いろいろと知っておくことは損な事ではありませんし、あまり、ドメインについては詳しく知る必要は無いけれども、インターネットに親しんでいる人々に、ちょっとしたティップスとして使えます。

さて、前述の.co.jpドメインの取得ですが、ちょっとしたコツがあります。

それは、登記前にドメイン名だけを決めて、仮登録という形式にしておくのです。
仮登録状態でも、ウェブサイトの公開は可能なので、1ページだけアップロードして、ドメインエイジングフィルタをヘッジするという方法も使えます。

晴れて登記完了後から、正式にドメイン名でウェブサイト制作やメールアドレスの設定などを行います。
ある程度、社名が決まっているのなら、先願制であるドメイン取得ルールに則って、さっさと登録しておくことがベターでしょう。

ちなみに仮登録期間は「6ヵ月」などの成約や細かい条件がありますので、詳細は、ドメイン販売指定事業者等のヘルプなどを参照してください。

起業を検討中の方は、仮登録制度を有効活用してみてはいかがでしょうか。

Googleに馴染むSEOで業績アップ
企業サイトをSEOでブランディングするための参考サイト。勝てるSEOがズラリ。
www.algorism.co.jp/

«
»