リスティング広告のクリック経験がある人は意外と多いという事実

検索連動型広告をクリックした経験のある人は、どれほどの割合で存在するのでしょうか。

あるアンケートによると、ネットユーザーでは、検索連動型広告の存在を認識している人は多く、その7割程度がクリックを経験しているそうです。
と、ということは、日本に限っては検索連動型広告は浸透してきているとも言えるかもしれませんね。

コンテンツ連動型になると、もっと違う数値が出るかもしれませんが、思った以上に、リステイング広告には抵抗を示していないようですね。

最近、アドセンスのフォーマットが変更されて、広告とはわかりにくいスタイルになりましたが、クリックだけを求めていては、リスティング広告は広告費の垂れ流しになります。

クリックされた後の行動で、必ず広告コストを回収出来るだけのクロージングページを準備しないといけないですね。

このクロージングページへ、SEOとリスティング広告の両方からトラフィックを集めて、成約率を上げることが理想の戦略ではないでしょうか。
例えば、「福岡のビジネスホームページとSEOサポート」というヘページタイトルで、問合せを増やすことです。

クロージングページの成約率向上のための施策をLPO(ランディングページ最適化)と言います。
CPO(クロージングページ最適化)にすれば良かったのですがね?

ともかく、リスティング広告は見られているというデータがあるので、遠慮なく広告出稿が出来ますね。

最新のGoogle SEO対策
変わり続けるアルゴリズムへの対応スピードは業界トップクラス
www.algorism.co.jp/

«
»