ツール

SEO内部要因最適化を業務マニュアルにまとめるメリット

SEOの内部要因の最適化作業をマニュアルにまとめておくと、品質の安定が図れます。
例えば、キーワードの配置において、タイトル、meta情報、h1タグ、内部リンクのアンカーテキストについて作業標準書を図解で作成します。

本文と画像のalt属性についても記述することで、誰が担当しても内部要因の最適化は、ある程度の品質を保つことが可能です。
タイトルの先頭にキーワードを、という簡単な注記を盛り込むとノウハウの文書化ということで、価値ある文書になります。


“SEO内部要因最適化を業務マニュアルにまとめるメリット” の詳細は »

インデクス数がウェブサイトのページ数より少ないとき

所有サイトのインデクス状況を見るために、site:クエリを用いて検索することがあると思います。
ところが、ウェブサイト全体のページ数と比べても明らかにインデクス数が少なく、しかも

最も的確な結果を表示するために、上の○件と似たページは除外されています。
検索結果をすべて表示するには、ここから再検索してください。

というメッセージはありませんか?


“インデクス数がウェブサイトのページ数より少ないとき” の詳細は »

ヤフーサイトエクスプローラーをSEO活動に活かす方法

Yahoo Site Explorerを利用して、自社サイトや運営中のウェブサイトの管理をしている人は多いと思います。
簡単に言うと「サイト管理者向けツール」ですが、どいう人たちが利用するのかと言うと、概ね、管理者経験中程度のウェブマスターでしょうかね。

個人運営の新人ウェブマスターは、なんのこっちゃわからないツールかもしれませんが、便利な機能がありますので、この機会に利用をおすすめしておきます。


“ヤフーサイトエクスプローラーをSEO活動に活かす方法” の詳細は »

SEOビギナーが最低限追跡して欲しいSEOデータとは

SEOを実施してから、どんなデータを追跡すれば良いのか、結構、悩んでいるWEB担当者は多いようですね。
SEOビギナーの方にとっても、いろいろな情報が錯綜して混乱しているのではないでしょうか。

SEO追跡データは、実践者それぞれの目的や目標が違うので、意見が異なったりして当然なわけですが、中でも共通認識として追跡したいデータというのはあるものです。


“SEOビギナーが最低限追跡して欲しいSEOデータとは” の詳細は »

 

紙にウェブサイトのレイアウトやメニューの配置などを書き込もう

ウェブサイトを公開する前に、ウェブサイトのための設計仕様書を作ることをおすすめします。
面倒に感じるかもしれませんが、紙面上でウェブサイトを設計していく作業は、実作業の効率化にかなり効果を発揮するのです。

設計仕様書を作成するメリットこれから紹介していきますので、一度、試されることをおすすめします。
何を書けばいいのかも合わせて紹介します。


“紙にウェブサイトのレイアウトやメニューの配置などを書き込もう” の詳細は »

類似ページは検索エンジンからの集客を困難にする

Googleの検索窓で「site:サイトURL」と検索してみてください。

最も的確な結果を表示するために、上の××件と似たページは除外されています。
検索結果をすべて表示するには、ここから再検索してください。

こんなメッセージが出たら、要注意です。
ウェブサイト制作の時に手抜きをしませんでしたか?


“類似ページは検索エンジンからの集客を困難にする” の詳細は »

 

ソーシャルメディア最適化は本当に効果があるのか

最適化と名のつく様々な手法が、ウェブサイトをよりよい方向へと導いてくれるわけですが、とりわけわかりにくいのが、ソーシャルメディア最適化と呼ばれるものです。

元々、ソーシャルメディアって何?と問われるとなかなか答え難いものがあり、説明したとしても、ピンとくることは無いのではないかと思えるほどです。


“ソーシャルメディア最適化は本当に効果があるのか” の詳細は »

Googleパーソナライズド検索の利用価値とは

Googleパーソナライズド検索の利用価値とは何でしょうか。

そもそもGoogleパーソナライズド検索を知らない人のために、概要を説明しておきますと、まず利用するにはGoogleのアカウントを取得しなければなりません。
無料でアカウントを取得できますので、まずは手続きを完了してGoogleアカウントを利用可能にします。

それからGoogleのバーソナライズド検索にアクセスします。


“Googleパーソナライズド検索の利用価値とは” の詳細は »