コラム

正しくSEO技術を習得する方法は座学以上の実践記録

正しいSEOの学び方、もしくは正しくSEO技術を習得する方法はあると思いますか?

SEOは座学だけでは習得は難しいです。
実践して結果を体感してこそ習得できるものだと思います。

ただし、一度にいろいろと詰め込むと、何がどう効果的に働いたのか、またはどういう影響を及ぼしたのかがわからなくなることがあります。


“正しくSEO技術を習得する方法は座学以上の実践記録” の詳細は »

ブログの運営をすすめる理由は豊富なメリットがあるため

ブログをやってみて病み付きになってしまっているブロガーは、たくさんいると思います。
自分の考えを文章化して、誰にも遠慮することなく公開できるのは、痛快なことですよね。

もちろん、記事の内容には必然的に責任を持つようにすべきなのですが、表現の自由を逆手にとって誹謗中傷などをしなければ、コミュニケーションツールとしても利用することができるのが強みですね。


“ブログの運営をすすめる理由は豊富なメリットがあるため” の詳細は »

アルファブロガーが批判記事を書く目的は何か

アルファブロガーと呼ばれる、アクセス数の多いブログを運営し、その投稿が多くのファンを作り出し、ネット上に影響を与える人がいます。

ブロガーの多くは、投稿記事が人気投票によってランキングの上位に出現したり、ブックマークの数や被リンクの数にステータスを感じていると思わずにはいられません。


“アルファブロガーが批判記事を書く目的は何か” の詳細は »

検索エンジンのアルゴリズムを勝手に大予想した計算式

SEOの先進国アメリカはワシントン州にあるSEO企業ブログに、創業者がとても興味深い記事を書いているのを見つけました。

Googleのアルゴリズムを意識した計算式で、SEOの優先順位に迷う人は参考になるのではないかと思ったので、紹介したいと思います。

もちろんGoogleの公式見解ではないので、読み物として割り切って頂きたいと思います。


“検索エンジンのアルゴリズムを勝手に大予想した計算式” の詳細は »

 

ウェブ制作現場では制作スキルで食っていける環境が無くなりつつある

これからウェブサイトはどういう方向に向かっていくのでしょう?
いきなり重いテーマから入りましたけど、ウェブ制作会社は特にこれから大変な時期になってくるだろうなと感じています。

クライアントからのウェブに要求される水準は高くなる一方で、受注価格の伸びは鈍化しているのが現状でしょう。
これはキツイですよね。
制作すればするほど赤字という本末転倒な事態も起きているのかもしれません。


“ウェブ制作現場では制作スキルで食っていける環境が無くなりつつある” の詳細は »

情報の根拠を示すためにSEO屋はSEOマニアでありたい

根拠の書かれていないSEO情報は、信用に値するか、ということについて。
答えは「わからない」としか言いようがありません。

根拠はあるけれど、セミナー参加者だけにしか公開しないのかもしれませんしね。
署名やプロフィールが偽名というのは、ちょっと怪しく思われても仕方が無いような気もしますが、ブランディングの一環の可能性もありますし、難しいですね。


“情報の根拠を示すためにSEO屋はSEOマニアでありたい” の詳細は »

 

米国SEO会社のブログの原文を翻訳して読むメリット

海外のSEO情報で頻繁に出てくるのが、SESとSMXです。
ある米国のSEO会社のブログの日本語訳を読んでいて気がついたのですが、米国では、SESとSMXはSEOやSEM業界の関わる法人や個人によるカンファレンスイベントが定期開催されているのだそうですよ。

業界の発展ぶりが羨ましく、どういう講演があったりするのか、どんなトピックが出るのかと興味を持って、そのレポートを読んでいます。


“米国SEO会社のブログの原文を翻訳して読むメリット” の詳細は »

検索エンジンの解析能力は想像以上にスゴイ事がわかる事実

検索エンジンのテキスト解析能力の凄さは、人工知能に匹敵していると思いませんか。

世界中でウェブページは、日々膨大な量が吐き出されています。
その膨大なページ数をGoogleのクローラーであるGoogleBotを始め、世界中の検索エンジンロボットがページ収集に勤しんでいるわけですね。

そのずば抜けたページ収集能力も驚愕に値しますが、そのテキストを解析して意味づけを学習するシステムと言ったら、開いた口が塞がりません。


“検索エンジンの解析能力は想像以上にスゴイ事がわかる事実” の詳細は »