キーワード

SEOは目標達成のための戦術のひとつに過ぎないことを自覚しよう

SEOというキーワードは、一般的にはニッチな部類に入るのでしょうね。

我々のようなSEOを生業とするSEO事業者からすると、そこの世界を舞台にお互いが切磋琢磨しているわけですが、実は、他の産業からすると小さな舞台なのかもしれません。

“SEOは目標達成のための戦術のひとつに過ぎないことを自覚しよう” の詳細は »

1ページ1テーマで最適化されるべきキーワードを知ること

1ページでキーワードやキーフレーズを何個ターゲット化すれば良いのか、これに悩む必要はありません。
個数で悩むことはナンセンスです。

検索ユーザーの意図を汲み取る、ということがSEOの本質ですから、検索ユーザーが考える、あらゆるケースに対応する準備はしておかなくてはならないのではないでしょうか。


“1ページ1テーマで最適化されるべきキーワードを知ること” の詳細は »

儲かるキーワードを使ってGoogle Adsenseで稼げますか?

「儲かるキーワード」という触れ込みで、キーワードそのものをプレゼントする企画や毎月有料で提供するサービスまで、アフィリエイトの世界ではあるそうですね。

本当に儲かるのかどうかはわかりませんが、それを使って何をするのかというと、Google Adsenseで収益を出すためらしいです。
つまり、クリック単価の高いキーワードや穴場キーワードを提供しているのです。


“儲かるキーワードを使ってGoogle Adsenseで稼げますか?” の詳細は »

SEOはマーケティングなのか技術なのかは事業者が決めること?

アメリカではPPC(ペイパービュー)広告のことを有料検索と記すことが多いですね。
多いというか、そっちがスタンダードだとしたら、日本側の表記がズレてるということになるのでしょうか(汗)

検索エンジンにキーワードを直接打ち込む検索様式を、オーガニック検索と言いますよね。
日本では、それがスタンダードなので、単に「検索」で済まされているのが実情です。


“SEOはマーケティングなのか技術なのかは事業者が決めること?” の詳細は »

 

「インタラクティブ」「エクスペリエンス」もっと平易に言い直す

業界用語には、難解でよくわからない言葉がたくさんあります。
中でも最近、耳にする言葉は「インタラクティブ」「エクスペリエンス」といったものです。

概念的なことをセールストークに織り交ぜると、何となくすごそうな気はします。
具体的にはどういうことかを、しっかり説明できるのならば、発した人を信頼してもいいかもしれません。


“「インタラクティブ」「エクスペリエンス」もっと平易に言い直す” の詳細は »