訪問者がスクロールしてでも読みたいコンテンツとは

ウェブサイトは縦長ですが、パソコン画面は横長というアンバランスさは、実は少々クセものです。

ウェブサイトのレイアウトが時代とともに、横幅を大きく取り始めたことがあるのでしょうが、バソコン画面やディスプレイの大型化が言われても、ウェブサイトはスクロールしなくてはならないものであることに変わりはありません。

このスクロールについて考えみます。


“訪問者がスクロールしてでも読みたいコンテンツとは” の詳細は »

Q&Aページを利用したニーズの確認とコンテンツ提供の関係

Q&Aページは何もアクセスをしてきた訪問者だけのためにあるのではありません。

Q&Aページの公開目的が、ユーザビリティの一貫だけだとしたら、非常に勿体無いことですので、訪問者への不安や疑問の解消だけではなく、訪問者が関心を示していることは何かを調査する目的も兼ねましょう。

Q&Aサイトの充実をまずは目指します。


“Q&Aページを利用したニーズの確認とコンテンツ提供の関係” の詳細は »

SEO対策を必要としないページは思い切って施策を省く

ウェブサイトを運営するに当たって、SEO対策は、非常に有効な集客手段です。
SEO対策での上位表示は、訪問者の増加に必要なプロセスであり、それが目的ではありません。

目的であるならば、ウェブサイト内の全てのページに対して、関連キーワードなどで上位表示が必須となりますが、プロセスならば、必ずしも実現の必要性は無くなります。


“SEO対策を必要としないページは思い切って施策を省く” の詳細は »

ユーザビリティは面倒と思わせないようにする技術

ユーザビリティという使い勝手を良くしようという概念は、ウェブサイトには必要不可欠です。

キーボードとマウスという入力媒体が主なウェブサイトの世界では、操作自体に手腕系統に負担がかかります。
更には首肩をはじめ目や脳にまで、疲労を蓄積する、肉体疲労の激しい情報送受信媒体です。

身体的負担を軽くすることも念頭に置いてユーザビリティが設計されることは大切なことです。


“ユーザビリティは面倒と思わせないようにする技術” の詳細は »